等々力眼科

お気軽にお問い合わせください

レーザー白内障手術

従来の手術では水晶体の前面の膜を攝子(ピンセット)を使用して術者の手でコントロールしながら円形を切除していました(前囊切開)。 そして水晶体の中身は超音波白内障手術装置を使用して細かく砕きながら切除していました。
レーザー白内障手術では、手術直前に計測用レーザー(前眼部OCT)で眼球の形状を精密に計測し、コンピューター制御で正確な位置に切除用レーザーでほぼ完全な円形に水晶体前面を切ることができます。 これにより正確な位置に傾きも少なく安定した眼内レンズ挿入ができます。多焦点眼内レンズのようなプレミアムレンズの真価をより発揮しやすくなります。さらに切除用レーザーで水晶体の核に切れ込みを入れたり小片に離断することによって、後から使用する超音波白内障手術装置のエネルギーを減少させより安全な手術が可能になります。

レーザー白内障手術説明動画