メニュー

白内障手術費用

白内障手術の費用

単焦点眼内レンズ(健康保険適用の一般的な白内障手術)

当院では両眼手術の場合、できるだけ同一月で両眼の手術を行うように配慮して手術日を術前検査時に決定しています。

日帰り手術(健康保険)

    片眼 両眼
同月手術 別月手術
70才未満 3割負担 約52,000円 約80,100円*
(還付後)
約104,000円
70才以上 1割負担 約17,000円 18,000円 約34,000円
2割負担 18,000円 18,000円 36,000円
3割負担 約52,000円 約80,100円*
(還付後)
約104,000円

高額療養費制度により1割、2割負担の方は窓口での支払いは月あたり18000円が上限になります。

*:3割負担の方は収入により上限が変化します。多くの方は80100円を超した分が後日、請求手続きにより還付されます。

事前に保険組合などが発行する『限度額適用認定書』を当院の窓口に提出していただくと3割負担の方も窓口での支払いが上限額までとなります。

手術費用は確定申告時に医療費控除の対象になります。

 

[参考] 入院の場合(健康保険)(当院では入院手術は行っておりません)

    片眼 両眼
1回入院 2回入院
同月手術 別月手術
70才未満 3割負担 約66,290円 約81,200円**
(払い戻し含む)
約81,900円**
(払い戻し含む)
約132,580円
70才以上 1割負担 約22,100円 約37,050円 約44,190円 約44,200円
2割負担 約44,190円 約44,400円* 約44,400円* 約88,380円
3割負担 約66,290円 約81,200円* 約81,900円* 約132,580円

*:高額療養費制度に該当 **:収入により変化

入院手術では、短期滞在手術等基本料3という定額の点数で算定されます。
片眼の手術では総額で22960円、1回の入院で両眼手術では総額37540円になります。
これは入院費用も含み、5日以内の退院が条件です。
2度目の入院には間を7日間開けなくてはいけないことになっています。
両眼の手術をする場合、従来は1回の入院で手術をする場合が多かったのですが、平成26年にこの制度ができてからは1回の入院で両眼の白内障手術を行う病院は少数になりました。両眼の手術期間も長くなります。

大学病院などの大病院ではDPC制度で病院ごとに価格の異なる設定になります。

多焦点レンズ(自由診療)

自由診療のため、術前検査は約11000円、術後の診察は毎回4000円~7000円かかります。

術後診察は片眼手術で6回程度、両眼手術で8~10回程度になります。

術後を紹介元や他院で診察を受けられる場合は健康保険が使えます。

生命保険や医療保険に加入されていると保険金の対象になる場合もあり得ます、加入されている保険会社にお問い合わせください。

手術の名称は『多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術』になります。

*多焦点眼内レンズの場合のみ手術費用はクレジットカードでの支払いが可能です。

  VISA, Master, JCB, AmericanExpress

手術費用は確定申告時に医療費控除の対象になります。

多焦点眼内レンズ(厚労省認可レンズ)

  レーザー白内障手術 従来型白内障手術
3焦点 70万円(税別) 50万円(税別)
3焦点+乱視 73万円(税別) 53万円(税別)
2焦点・EDOF 60万円(税別)
40万円(税別)
2焦点・EDOF+乱視 63万円(税別) 43万円(税別)

 

多焦点眼内レンズ(厚労省未認可、欧州認可レンズ)

  レーザー白内障手術 従来型白内障手術
多焦点眼内レンズ 68万円(税別) 48万円(税別)
多焦点乱視レンズ+乱視 71万円(税別) 51万円(税別)

欧州認可レンズでは申し込み時に20万円(片眼)の前収金を要し、キャンセルの場合 返金できません。

欧州認可レンズではレーザー白内障手術を推奨します。

欧州から取り寄せるため1~2ケ月かかります。

手術中の経緯により厚労省認可レンズに変更する場合があります。

 

(等々力眼科:令和2年6月現在)

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME